学校法人 佼成学園

建学の精神

創立者 庭野 日敬 佼成学園は、宗教法人立正佼成会を母体として昭和29年9月7日に設立されました。 創立者庭野日敬先生の「建学の精神」は、「仏教の精神に基づき、豊かな宗教的情操を培い、知に偏らず、情・意の教育にも力を注ぎ、心身一如の円満な人格をもった平和社会の繁栄に貢献できる人間を育成する。」ことです。 仏教とは、一般的に「仏さまの教え」、若しくは「仏になるための教え」といわれていますが、仏教の特質としてその大切なところは、「多くの人とともに」というところに深い意義があります。 「建学の精神」にある「仏教の精神に基づき…」というのは、「私たち一人ひとりが変化の中で生きていることを知り、その中で多くの人とともに生き、磨きあい、助け合いながら、自分自身も変わっていく過程を経て、平和社会の繁栄に貢献できる大切な人間を育成する」ということです。 佼成学園では、この「建学の精神」を生かした教育活動を展開しています。