佼成学園中学校・高等学校

東京都杉並区にある男子校佼成学園中学校・高等学校に関する教育方針や入試情報等を掲載しています。

佼成学園とは:佼成学園は、多くの人とともに生き、磨きあい、助け合いながら、現実の社会と積極的にかかわろうとする人間を育成します。

佼成学園とは
  • 佼成学園について
  • 校長挨拶
  • 生徒育成像
  • 交通案内

佼成学園について

佼成学園は、宗教法人立正佼成会を母体として昭和29年9月7日に設立されました。
創立者である庭野日敬先生の「建学の精神」は、「法華経の精神に基づき、豊かな宗教的情操を培い、知に偏らず、情・意の教育にも力を注ぎ、心身一如の円満な人格をもった平和社会の繁栄に貢献できる人間を育成する」ことです。
仏教は、一般的に「仏さまの教え」、もしくは「仏になるための教え」といわれていますが、仏教の特質としてその大切なところは、「多くの人と共に」という精神に深い意義があります。「建学の精神」にある「法華経の精神に基づき…」というのは、「私たち一人ひとりが仏様と同じ素晴らしい心を持っていることを知り、多くの人とともに生き、磨きあい、助け合いながら、現実の社会と積極的にかかわろうとする人間を育成するということです。佼成学園では、この「建学の精神」を生かした教育活動を展開しています。

建学の精神
平和な社会の繁栄に役立つ若者の育成 その基盤となるのは自らの価値を知り、周囲の人々に感謝し、思いやりの気持ちを表すことの大切さを説く精神です。学力偏重に陥ることなく、豊かな情操をもって健全な心と体を育む、円満な人格形成が私たちの願いなのです。 生徒写真
校訓
「行学の二道を励み候べし行学絶えなば佛法はあるべからず」 仏法は釈尊が私達人間の人格を完成させ、世界を平和にするための教えである。行と学とは、その教えを体験と学問とによって、私達に知らしめるものにほかならない。行と学とは、車の両輪の如く、鳥の双翼の如きものとされる「行」と「学」は、すなわち「体験による人格の向上」と「学問による知識」の両立を意味しているのです。 生徒写真

沿革

1956年に立正佼成会の社会事業の一環として中学高等学校を開設。高校野球部は66年以降春、夏あわせて3度甲子園へ出場。91年に中高六カ年一貫教育として中学5クラス175名募集を開始。94年に高校、96年に中学の新校舎が完成。97年に六カ年一貫教育第一期生卒業、2003年に高校文理科を普通科文理コースに変更。2004年には学園創立50周年を迎えました。

1954年高等学校設置認可。
1955年中学校設置認可。
1956年中学高等学校開設。
1966年高等学校野球部が東京都代表として甲子園春の選抜大会に初出場。
1968年高等学校野球部が東京都代表として甲子園春の選抜大会に出場。
総合体育館落成。
1974年高等学校野球部が東京都代表として甲子園夏の選手権大会に初出場。
1991年中学・高等学校一貫教育スタート。
1994年高校棟落成。
1996年中学棟落成。
1997年中学・高等学校六カ年一貫教育第一期生卒業。
高等学校文理科新設。
1998年習熟度別授業スタート。
高等学校英国研修制度スタート。
2003年高等学校文理科を普通科文理コースに変更。
2004年学園創立50周年。
中学校海外ホームステイ制度(オー ストラリア)スタート。
2005年特別奨学生入試スタート
2009年総合グラウンドを人工芝へ改修。
このページのトップへ

〒166-0012 東京都杉並区和田2-6-29 TEL:03-3381-7227

Copyright(C) 2009 KOSEI Junior & High School, All Rights Reserved