佼成学園中学校・高等学校

東京都杉並区にある男子校佼成学園中学校・高等学校に関する教育方針や入試情報等を掲載しています。

佼成学園とは:佼成学園は、多くの人とともに生き、磨きあい、助け合いながら、現実の社会と積極的にかかわろうとする人間を育成します。

佼成学園とは
  • 佼成学園について
  • 校長挨拶
  • 生徒育成像
  • 交通案内

生徒育成像

「自ら感じ、共に成長し、チャレンジしていく」生徒の育成を。
教育とは文字通り「教え、育てる」ことであり、生徒たちがいかに多くの知識を習得しても、それをもって成否を決めることはできないでしょう。中学・高校の6年間で教える知識の量は限られていますが、やがてさまざまな力として育つ「種」は無数に植えることができます。その「種」を育てるのは、生涯にわたり自らを支.える豊かな心と幅広い視野、そして確かな学力。一人ひとりがそんな「自ら育つ力」を身につけることこそ、私たちがめざす生徒育成像なのです。
コウセイ、実感。自ら感じ、共に成長し、チャレンジしていく
自分、実感 佼成スタイルの基本は「言われる前にやる」。俗に言う“指示待ち人間”にならず、何ごとも自らの強い自覚と責任において取り組む。その積極的な姿勢は、まず自分自身の個性と可能性を実感するところから生まれるのです。 写真01
調和、実感 10代の青少年たちは無限の可能性を秘めています。それを引き出し、伸ばすには的確なアドバイスとフォローが必要。生徒一人ひとりの能力・才能は教員とのコンビネーションによって開花するもの。私たちはそう考えています。 写真02
成長、実感 昨日より今日の自分が誇らしく、今日よりも明日の自分に夢が広がる。充実した日々の積み重ねは自らの成長を実感させてくれます。切磋琢磨の中で手にする大きな達成感と成功体験が、さらなる成長への足がかりとなるはずです。 写真03
挑戦、実感 大学受験は人生における大きな壁の一つです。でもそれは、はっきりと目に見える壁でもあります。私たちの役割は生徒たちの可能性を信じ、乗り越える方法を伝授すること。確かな可能性の中にこそ挑戦の実感はあるのです。 写真04

生徒育成の重点項目とテーマ

前期教育(躾の徹底)中学1年/中学2年
基本的な生活・学習習慣
集団生活における個人としての自覚
集団生活
規律と個々の責任・自己表現と強調
進路学習
自己理解
語学・情報処理能力
英検合格目標:3級以上
情報受信能力の向上
中期教育(目的意識の徹底)中学3年/高校1年
将来の目標の模索と学習に関する目的
意識の確立
基礎学力の徹底
集団生活
リーダーシップの開発・奉仕の精神
進路学習
進路の決定
語学・情報処理能力
英検合格目標:準2級以上
情報選択・発信能力の向上
後期教育(受験態勢の確立)高校2年/高校3年
一人ひとりに応じた受指導の充実
志望校合格のための実力・応用力の養成
集団生活
自己能力の発揮
自分をとりまく社会の積極的な活用
進路学習
受験態勢の確立
語学・情報処理能力
人間教育
コミュニケーション能力と目的意識の向上を目指した佼成学園ならではの人間教育。
「佼成の道徳」(中1・中2) 本校が創立以来、長年蓄積してきた独自のノウハウをもとに組み立てられたオリジナルの道徳の授業。自分の将来の目標に向かって前向きに努力できる基本姿勢を身につけます。 写真01
「佼成よのなか科」(中3) 「よのなか科」の授業は、世の中で活躍する多彩なゲストを迎えます。現実の世の中とつなげることで、大人でも簡単に導き出せないテーマについて、中学生が仲間と一緒に意見を出し合いながら、自分なりの考えを鍛え上げていく時間と空間・・・ それが「よのなか科」の授業です。 写真02
「国際教育」 ネイティブスピーカーによる英語指導を実践。中学はオーストラリア、高校はイギリスでホームステイ型の海外研修プログラムを実施(いずれも希望者)。豊かな国際センスの育成にも力を注いでいます。 写真03
このページのトップへ

〒166-0012 東京都杉並区和田2-6-29 TEL:03-3381-7227

Copyright(C) 2009 KOSEI Junior & High School, All Rights Reserved