教科ガイドCourse Guide

教科の特徴・教員紹介

教員より教科の特徴を紹介します。

英語 ENGLISH

発達・学習段階に応じた英語での コミュニケーション能力を養う。

高校3年までに英検準1級を取得できる力を身につけ、希望する大学への進学だけでなく、海外で活躍できる生徒の育成に努めています。中学では週3時間のネイティブ教員による Practical English を展開。少人数で「英語で学ぶ」授業を行います。週4時間は日本人教員による「英語」の授業を展開。「英語を学ぶ」ことを中心に授業を行っています。中学・高校どちらも、「読む・聞く・話す・書く」の4技能をバランスよく取り入れた授業を実践しています。

英語科主任 高橋 充

英語科主任 高橋 充先生

国語 JAPANESE

豊かな日本語の世界に触れ、 日本語によるコミュニケーション能力を養う。

国語はあらゆる教科の基礎となる科目だといわれます。なぜなら、さまざまな立場や価値観で書かれた文章を読み解くことで、 新たな知識や考え方を獲得していくからです。国語の授業では、「読む・書く・聴く・話す」の4技能の習得を目指しています。これらの技能を段階的に効率よく身につけるために、国語の授業ではiPad を利用しています。これによって、授業で割愛されがちだった他人の考えを知ることや、自分の間違った解釈の原因を追究することが可能になりました。

国語科主任 畠 篤史

国語科主任 畠 篤史先生

数学 MATHEMATICS

数量・図形に関する基礎的な概念の理解を 深め、数学的な見方や考え方を学ぶ。

佼成学園の数学教育は、ただ問題を解くだけでなく、答えを導き出すまでの過程を重視しています。そのため、ロイロノートを使って仲間の解答と見比べることや、グループ活動を積極的 に行っています。同じ答えが出ても、そこに至ったプロセスが同じとは限りません。このような経験をすることで、問題解決のためにはさまざまな考え方があることを理解してもらいたいと思っています。「佼成数学コンテスト」や「探究講座」を設置して、数学に対する興味関心も高めていきます。

数学科主任 萩原 賢紀

数学科主任 萩原 賢紀先生

理科 SCIENCE

自然と自分の関わりを把握し、自然に関わる グローバルな問題を解決する力を養う。

中学では、興味や関心を育てるための試みとして、実験を中心 とした学びを実践しています。理科巡検では、教室を出て屋外 や海や山へ行って活動します。さらにアクティブラーニングを 取り込み、生徒主導のプレゼンテーションや学び合いの授業を 実施しています。高校では、物理・生物が高校2年修了時に、化学・地学は高校3年生1学期修了時にほとんどの内容が終わり、2学期は大学入試準備や実験、探究活動を行います。3年または6年で分析力や問題解決能力を養います。

理科主任 秋山 哲二

理科主任 秋山 哲二先生

社会 SOCIAL STUDIES

社会についての基礎知識を習得し、 より深い知識や教養を身につける。

中学では授業を通して社会に目を向かせるように努めていま す。地理的分野では学園周辺の地域調査「巡検」を実施したり、 歴史的分野では疑問を持つ習慣づけと、iPad や電子黒板などを活用して、その疑問を調べ考える授業を行っています。公民分野では憲法や経済に問題意識が持てる授業を展開しています。高1 では地歴・公民の基礎を固め、高2 からは選択した受験科目を通して豊かな創造力と適切な判断力を身につけ、高3では演習を通して21 世紀に即した学力を養います。

社会科主任 河野 真巳

社会科主任 河野 真巳

保健体育 HEALTH AND PHYSICAL EDUCATION

運動に親しむ習慣を身につけ、健康・体力の向上を はかり、健康な生活に必要な知識や態度を身につける。

体育科では、各種目の高度な技能を習得させるとともに、社会 におけるコミュニケーション能力の育成、スポーツにおける ルールやマナー、そして達成感や喜びを感じさせることを基盤 として授業を行っています。授業は主にグループ活動を中心に 展開。ICT 推進に伴い、器械体操の授業ではiPad を活用しています。中学では体力づくりの一環として陸上を通年で実施。高校では1 年次に総合グラウンドに移動して広々とした人工芝でサッカーの授業を楽しむことができます。

保健体育科主任 小林 孝至

保健体育科主任 小林 孝至先生

芸術 ART

表現する喜びを経験し、個性豊かな人間性を育む。

音楽では、歌唱や演奏、鑑賞、作詞・作曲活動などを通して、生涯、音楽を愛好し育んでいく心情を養うことを目標としています。
美術では、空間を意識して描写力や構成力を養うため、人物クロッキーや静物デッサンなどを行います。
書道では、精神的な「静」と腕を動かして作り上げる「動」の世界を同時に表現します。

技術家庭・情報 Technical household · information

さまざまな実習を経験することで、生きる力を身につける。

技術・情報分野では、現代のさまざまな技術を理解し、活用できるようになることを目標としています。 家庭的分野では、自立した生活に必要な衣食住や消費生活についての知識を理解することを目標としています。

人間教育 Human education

「佼成の道徳」( 中1・中2 )

本校が創立以来、長年蓄積してきた独自のノウハウをもとに組み立てられたオリジナルの道徳の授業。自分の将来の目標に向かって前向きに努力できる基本姿勢を身につけます。

「佼成よのなか科」( 中3 )

「よのなか科」の授業は、世の中で活躍する多彩なゲストを迎えます。実際の世の中とつなげることで、大人でも簡単に答えを導き出せないテーマについて、中学生が仲間と一緒に意見を出し合いながら、自分なりの考えを鍛え上げていく時間と空間…それが「よのなか科」の授業です。